本文へスキップ

何となく懐かしい閑静な温泉地、伊豆片瀬温泉。心も身体もホッとします。

電話でのお問い合わせはTEL.0557-95-0700

メールはこちら





片瀬、川口商店前にある道標。
「右 熱川温泉ニ至ル 左 稲取ヲ経テ…左 □東町御成婚記念」と刻字されています。
実際は左が熱川温泉、右が稲取となるので、
道標として設置された当初は、
道路を隔てた反対側にあったのでしょう。

印字から昭和天皇がご成婚された大正13年に立てられたと思われます





< 東浦路・片瀬坂町の道標 >


片瀬・坂町付近の坂の途中にある道標です。
「右 むら道 左 いとう 奉納経秩父板東供養塔 施主 木田利七」と記してあります。
側面の刻字は「文久二年八月十八日」。文久二年は1862年。
当時巡礼に出た後、無事に帰ってきたことを記念すると共に
感謝の念を込めて供養塔を道標とし、ここに立てたのでしょう。

ナビゲーション