本文へスキップ

何となく懐かしい閑静な温泉地、伊豆片瀬温泉。心も身体もホッとします。

電話でのお問い合わせはTEL.0557-95-0700

メールはこちら





江戸時代中期、
海防問題がにわかに高まり寛永五年(1793)幕府は
沿岸諸藩に海防を命じると共に老中松平定信は自ら伊豆の海岸を巡視した。
定信の一行200名は三島から天城を越え3月14日片瀬に宿泊した。
この巡視の結果、
伊豆相模の海岸に海防のための松を植えるよう指示した。
これらは海上から陸の村々や防御の様子が見えないようにするためのもので
当時で40年生くらいのかなり大きな松を植えたようである。
今に残る木の年輪は250年前後を数えることが出来る。
片瀬、白田付近の海岸には明治初期に数百本の松があったと言われているが
片瀬区の手厚い保護にも関わらず今は数本残るだけである。
尚、この松の別名は「はりつけの松」と云われ
叶わぬ恋のためお寺に火を放った男女がはりつけにされたという云い伝えがある。
(案内看板より)



ナビゲーション